So-net無料ブログ作成

現代ドラマ「ベートーベン・ウィルス」第4話「逃げない勇気」 [▲ベートーベンウィルス(1話~)]

 どうやらベートーベンウィルスにかかってしまったようです(笑)
続きがすんごい気になる…。なんなんでしょ。
この密度…。
 「ウィリアム・テル」や「ファンタジア」などのだめに
出てきた曲があがっていましたね。
けど「ファンタジア」はディズニーの映画タイトルだから、
違うのか。そちらは「魔法使いの弟子」ですね。

ですが、こういう指揮者と団員のやりとりがあって、
試行錯誤しつつ、講演会やコンサートが行われているんですね。
だからこそ、こう心に響くものがあるんだ~と再起認識中。

 カン・マエってすごいですね~。的確。
あとはカン・ゴヌみたいにこう、
やる気にさせる力があればか・ん・ぺ・きv 
それができないから、カン・マエはケガをしたといって、
ゴヌに指揮を任せるわけですが。
ゴヌ自体は指揮が未熟なわけで、
二人を足して二で割れば、最強コンビですよね~。
 けどあの、カン・マエがゴヌみたいな性格になったら…ちょいこわし。
 
 そうそう、カン・マエのライバル登場しましたね。
といっても相手はどこを吹く風でしたが。
結果的にカン・マエが指揮をすることになりましたが、
あちらさんはアマチュアを指揮するのイヤそうでしたね。
やっぱり、難しいんでしょうかね~。
 
 けどさすがにライバル。
さりげなーく、アドバイスを残して行きましたよ。
彼の性格をわかっているんでしょうね。
それを自分の言葉に置き換えるあたり…策士です。カン・マエ。

 置き換えるときたら、ゴヌもカン・マエの指示を
わかりやすいように翻訳していましたね。
最初に比べたら、かなり柔和になりましたけど、
それをもっとゴヌが親しみやすいものにして…。
うん。うまく調和してきたんじゃないですか。

 それにそれに大家さんもオーケストラに戻ってきたみたいだし。
 ブチ切れてケンカをしていましたが、
旦那さん悪いですよね。
彼女が想いをはきだすのをちゃんと聞かないと、
言おうとしているのに上からかぶせちゃうから、
(まさにオブラート)言いたいことも言えないんですよ。

 でも、カン・マエの前ではっきり言えたから、
もうすっきりして、練習にも出るようになりましたね。
カン・マエにしたら、いい迷惑でしょうけど(笑)

 けど、彼ってばいいところありますよね。
 「休んでいますから…」といいつつ、部屋へ行かず、
イヤホンをしていたけど、その場にとどまっていたし、
彼女ンの音の表現的確です。
 そうか、悩みが音となって現れちゃうんですね。
あらためて音楽のすごさを思い知った次第です。

 市長、いろいろ言っていましたね~。
それをやり返すカン・マエにはあっぱれですが、
ルミにマッサージ権がまわってきましたけどね。
なかなか彼も策士です。

 しかし市長の妄想に時折出てくるワイシャツ男の後ろ姿。
あれはいったい誰なんだ~と気になって仕方ない(笑)
妄想にしては、やけにリアルすぎて…。
 ま私の疑問はさておき、物語は続くのです。

 おばさんが戻ってきたから、
あの女子高生イドゥンも戻ってくるかな。
ちょっと期待していたり★

現代ドラマ「ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~」【全16話】とは?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。